業務内容

当社は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の一員として三菱UFJ信託銀行から証券代行の事務を受託し、株式に関わる事務処理を行っています。

社内風景

社内風景

社内風景

社内風景

事業事務代行

証券代行業務

三菱UFJ信託銀行は証券代行業務において約4割のトップシェアを誇ります。それだけに当社に対するお客様の期待は大きく、高度な知識と迅速な対応が必要とされています。当社は最新鋭の情報処理機器はもちろんのこと、証券代行業務に精通したスペシャリストを多数擁することで、スピーディかつ正確な業務を実現。証券代行業務のスペシャリスト集団として、お客様から高い信頼と評価をいただいています。

株式実務の選ばれたスペシャリスト集団として

経営統合や企業合併、持ち株会社化などによる株式会社の再編や新規株式上場を行う場合、複雑な事務手続きが発生します。こうした株式に関する一連の事務を、信託銀行が発行会社に代わり会社法上の株主名簿管理人として事務処理を行う、それが証券代行業務です。株式に関する事務処理には、株主名簿の作成・管理、株主総会関連事務など、株式の発行会社に対して行う事務処理だけではなく、配当金や買取代金の計算・支払いや株主総会の案内を送付するなど、株主に対して行う事務もあります。

現在、株主名簿管理人として業務を営んでいるのは、三菱UFJ信託銀行をはじめ3信託銀行と3専業会社の6社のみ。当社は約2,700社の委託会社、2,300万名にも及ぶ株主に関わる証券代行の事務を、三菱UFJ信託銀行から受託し行っています。私たちは法令等を遵守しつつ、ダイナミックな活動を続ける日本経済のインフラストラクチャーを担う企業として、信頼と実績を築き上げています。

新世代の証券代行WEBシステム「Shares」

三菱UFJ信託銀行では、迅速性・利便性・機動性を高め、安全性も備えた新世代の証券代行WEBシステム「shares」を導入。高い事務品質とサービスをご提供する業務システムを構築しています。実務を担う当社においても、これまで以上に堅確かつ効率的に業務を遂行していきます。

東京・大阪二拠点での業務体制

当社では東京・大阪の二拠点で業務を行っています。株主名簿の管理はもちろん、株式に関する処理をそれぞれの拠点で完結するので、お客様である株式発行会社からの照会にもスピーディーに対応しています。また、二拠点での業務体制は、災害時の業務継続性の確保にもつながっています。

業務領域の拡大

ストックオプション(企業の役員・従業員などが、将来の一定期間内に予め決められた価格で自社株を買うことができる権利)の権利行使に伴うさまざまな事務を発行会社に代わって行うストックオプション制度管理サービスや、金・プラチナ等の貴金属を裏付けとした上場信託(ETF)「金の果実」シリーズに関る事務を受託する等、新しい業務にも力を入れています。

特別口座管理業務

特別口座とは、株券電子化までに証券保管振替機構(※)に預託できなかった株主の権利を保全するために、株式発行会社が信託銀行等に開設した専用の口座のことを指します。 当社は、三菱UFJ信託銀行から特別口座の口座管理機関としての事務を受託し、証券代行業務で培ったノウハウを活かし、お客様である株式発行会社や株主の信頼にお応えします。

(※)証券保管振替機構(ほふり)
電子化以前、株主は株券をほふりに預託し、ほふりで株券の保管・受渡しを行っていました。電子化後は、ほふりが振替機関としてすべての上場会社の株式を一元的に管理しています。

情報処理業務

OCR(光学式文字読取装置)文字のデータ処理、NLP(高速日本語ラインプリンター)によるデータのプリント化、クライアントサーバのオペレーションなど、お客様のさまざまなニーズに最新鋭の情報処理機器と専門スタッフが確実にお応えしています。